文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

学科紹介

DEPARTMENT

トータルビューティ学科メイク&ネイルコース

お客様の要望にこたえ、美しさを引き出すメイク・ネイルのスペシャリストを目指す

目指す職業平成28年度卒業生 就職内定率100%

メイクアップアーティスト

雑誌、テレビなどで、モデルやタレントなどのメイクを担当したり、化粧品メーカーで自社の化粧品売り場でお客様のメイクを施したり、新商品の開発に携わったりします。結婚式場でメイクを担当する専門スタッフとして働くこともできます。ヘアメイク専門のサロンや会社に属して仕事を行うこともありますが、独立してフリーで仕事をしている人もいます。

仕事のやりがい

自分の持つ技術を活かしてイメージどおりのメイクができ、モデルやお客様に喜んでもらうことで、メイクアップアーティストとしての喜びを感じることができます。 技術を高め、評価をしてもらうことで成長していくことができ、日々面白さを感じられる仕事です。

実力がつけばフリーランスとして働くこともでき、自分の世界感を表現する場も増えてきます。

ネイリスト

ネイルサロンでお客様の爪をケアやマニキュア、ネイルアートを行います。 お客様の爪の形を整え、表面を磨き、甘皮を処理したり、希望に合わせて爪をデザインし、美しくします。爪は非常に傷みやすいためはお客様の爪の修復なども行います。

仕事のやりがい

要望を形にしていくので、達成感ややりがいを感じます。またお客様の爪を美しく保ち、喜んでもらえ、元気にすることができます。技術は磨けば磨くだけ向上し、仕事の幅が広がり、成果が上がります。経験を積んだ後には、独立開業するという道もあります。

その他の職種

  • ブライダルメイクアップアーティスト
  • ビューティアドバイザー(美容部員)
  • メイクアップアーティスト
  • ネイリスト

取得目標資格

平成27年度卒業生メイクアップ検定合格率 1級70%/2級100%

  • メイクアップ技術検定3・2級・1級(JMA)
  • メイクアップアドバイザー資格
  • セルフメイク検定(JMA)
  • メイクセラピー検定3級(MTJ)
  • ネイリスト技能検定3・2・1級(JNEC)
  • ジェルネイル検定
  • 初級・中級・上級(JNA)
  • パーソナルカラリスト検定(JAPCA)
  • Excel表計算処理技能認定試験(サーティファイ)
  • Word文書処理技能認定試験(サーティファイ)

カリキュラム

業界に合わせた柔軟なカリキュラム

授業紹介

専攻授業

 

コンテスト実績

第10回全日本ヘアメイク選手権

自分の技術の確認やさらなる技術の向上を目指して、さまざまなコンテストに参加します。
メイクのコンテストの中でも最高峰の大会である「全日本ヘアメイク選手権」に参加しました。予選はフォトコンテスト形式で行われ、学生たちは作品を仕上げ、テーマやイメージをカメラマンと相談しながら撮影を行いました。10名が参加し、メイク部門で2名が予選を突破し、全国大会への出場を決めました。全国大会の出場は2年連続です。